スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下知事vs大阪の高校生

個人的に橋下知事はマスコミの批判をものともせずに頑張っているなぁと感心し通しです。
この前も朝日新聞の人をバカにしたような社説に対して、かなり頭にきたのか
バトルを繰り広げていました。
さて、何かと話題を提供している橋下知事ですが、今度は財政再建のため私学助成金を
28億円削減することに対し、反対の一部高校生たちとバトルを繰り広げました。
なんでも意見交換会といった形だったそうですが、橋下知事は相手が高校生であろうとも、
しっかりと議論を戦わせたようです。

以下、転載


大阪・橋下知事、私学助成金削減めぐり高校生と意見交換会 「日本は自己責任が原則」(FNN)

大阪府の橋下 徹知事が23日、地元高校生と私学への助成金削減プランをめぐり、意見交換会を行った。
橋下知事と高校生の意見交換会は大激論となった。
激論のきっかけは、財政再建を進める橋下知事が決めた私学への助成金28億円の削減プランだった。
23日夕方、これに反対する「大阪の高校生に笑顔を下さいの会」の12人が府庁を訪れ、橋下知事に直談判した。
意見交換会は、橋下知事の「単なる子どもたちのたわ言みたいにならないように、僕もかなり厳しくそこは反論していくので、そこはしっかり、きょうは議論したいと思いますので、よろしくお願いします」という宣戦布告で始まった。
高校生は「私立にしか行けなかったんです。家は決して裕福ではなく、父親は中学3年生の時にリストラにあいました。橋下知事は『子どもが笑う大阪に』とおっしゃっていましたが、わたしたちは苦しめられています。笑えません」、「僕は今、私立の高校に通っているんですけど、僕の家は母子家庭で、決して裕福ではなくて、僕はそんな母をこれ以上苦しめたくないので、私学助成援助を減らさないでください」と窮状を訴えた。
これに対し、橋下知事が「なぜ、公立を選ばなかったんだろう?」と質問し、「公立に入ったとしても、勉強についていけるかどうかわからないと(教師)に言われて」と高校生が答えると、「追いつこうと思えば公立に入ってもね、自分自身で追いつく努力をやれる話ではあるよね。いいものを選べば、いい値段がかかってくる」と反論した。
この橋下知事の答えに、「だから、『そこ(私立)にしか行けない』って(教師に)言われたんですよ」と泣き出す高校生の姿も見られた。
さらに、別の高校生が「大阪の財政を良くすることは、わたしたちが苦しむことなんですか?」、「ちゃんと税金取っているなら、教育、医療、福祉に使うべきです。アメリカ軍とかに使ってる金の余裕があるのなら、ちゃんとこっち(教育)に金を回すべきです」と涙ながらに訴えると、橋下知事は「じゃあ、あなたが政治家になってそういう活動をやってください」と切り捨てた。
さらに高校生が「それは、わたしが政治家になってすることじゃないはずです」、「高速道路なんか、正味あんなたくさんいらないと思います」と税金に無駄遣いがあると指摘すると、橋下知事は「それは、あなたがそう判断しているだけで、わたしは必要な道路は必要だと思っている」と反論し、一歩も引かなかった。
そして、橋下知事は高校生たちに「皆さんが完全に保護されるのは義務教育まで。高校になったらもう、そこから壁が始まってくる。大学になったらもう定員。社会人になっても定員。先生だって、定員をくぐり抜けてきているんですよ。それが世の中の仕組み」と社会の厳しさについて語った。
この発言に、高校生から「世の中の仕組みがおかしいんじゃないですか?」と意見が出ると、橋下知事は「僕はおかしいとは思わない。やっぱり16(歳)からは壁にぶつかって、ぶつかって」と反論、「そこで倒れた子には?」との質問には、「最後のところを救うのが今の世の中。生活保護制度がちゃんとある」、「今の世の中は、自己責任がまず原則ですよ。誰も救ってくれない」と語った。
さらに、高校生から「それはおかしいです!」と意見が出ると、橋下知事は「それはじゃあ、国を変えるか、この自己責任を求められる日本から出るしかない」と反論した。
高校生との意見交換は予定されていた20分を大幅に超え、1時間半にも及んだ。
橋下知事は再度、意見交換会を行うことを約束し、終了した。
議論を終えた生徒たちは「悔しいです」、「傷ついている人たちの気持ちなんて、まったくわかってくれてないという感じで」、「結局、自分が悪いみたいな感じで言っていたので、腹が立ちました」などと話し、生徒同士で「勉強せなあかん。負けてたらあかんで。悔しいからな、勉強していろんなこと知らなきゃあかん」と語り合っていた。
一方、橋下知事は「子ども扱いはしません。義務教育終わっているので」、「高校生の皆さんも言いたいことは山ほどあるだろうし、ああいう形で政治的な意見を持っているのは立派なんじゃないですかね」と意見交換会の感想を語った。




厳しいかもしれませんが、橋下知事の言うことのほうが正論だと思います。
私からするとこの高校生たちは甘えているだけなんじゃないかと、教師が公立が無理だと
いうから私立しかないなんて言うけれど、それじゃなんて努力して公立に行こうとしなかったのか。
彼らは何のために高校に行っているのかと問いたい。
勉強をしたいために行っているのか、それともただ高校にとりあえず行かなくてはいけない
といった理由だけで行っているのか。
もし前者のほうであれば、公立に入るべく勉強すればいいだけの話なんですよ。
また、金銭的に大変で親に迷惑をかけたくないというのであれば、定時制に行けば
いいんです。
定時制は4年間ですが、授業料も安いし、日中は働きに出ることが出来るので、
家庭にとってもプラスになると思います。
別に無責任にそういっているわけではなく、私自身がそうであったから言うんです。
要は高校に行くのにわざわお金がかかるところに行かなければいいだけの話しで、
選択肢は色々とあるんですよ。
それをあたかもお金がかかる私立だけにしか自分の道はないかのように橋下知事に
食って掛かるのはお門違いのように思います。

最近は自己責任を否定するかのような風潮ですので、橋下知事がきっぱりと日本は
自己責任の社会だと言ってくれてすっきりしました。
それにしても、アメリカ軍に使っている金があれば…って、いったい何処の思想に
染まった高校生なんでしょうね。
「大阪の高校生に笑顔を下さいの会」という会の名前もかなりいかがわしいというか…。
なんか、この高校生たちってどこかの回し者なのかと思ってしまうくらい、少々偏っているように
感じます。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。